生きる 感じる 考える

共働き家庭&二児の母の子育て記録。 モンテッソーリからヒントを得ながら、「生きる 感じる 考える」をテーマに子育てをしています。

ヤマハ音楽教室ぷっぷるークラスを体験してきました

 

長女 2歳3ヶ月
次女 0歳1ヶ月

***

 

f:id:home-montessori:20190418060329p:image

 

育休中で暇なのをいいことに、週に一度くらいの頻度で習い事の体験に行っています。


今回はヤマハ音楽教室の体験をしてきたので、そのレポートです。

 

内容

  • うた1 手遊び
  • うた2 身体遊び、太鼓遊び
  • エレクトーン演奏
  • コース説明

 

うた1

手遊び

おはなの歌を手遊びしながら歌いました。

2回ほど先生と歌って、最後はCDに合わせて歌いました。

娘は相変わらず動かず。
じーっと先生やお友達のしている手遊びを見ていました。

ここですんなりやれる子とやらない子がいるのは不思議だなぁーと、いつも思います。

月齢の違い?
それとも性格の違い?

きっと本人なりに何か思うことがあって動かないのでしょうね。
なので、こちらも強制はせず、私が楽しむ気持ちで参加しました。

 

うた2

ありさんの歌を歌いました。

 

身体遊び

最初は歌に合わせて足踏みをしながら歌いました。

ここでも娘は動かず(笑)
他の子達は楽しそうにリズムに合わせて足踏みしていました。

 

太鼓遊び

タンバリンがそれぞれ配られて、タンバリンを叩きながら歌いました。

ここで初めて娘くいつく!

楽しそうにタンバリンを叩いていました。

次は大きな太鼓が出てきて、それをみんなで叩きます。

これまた目を輝かせてくいつく娘。

歌に合わせてダンダンと叩いていました。

今のところ、ダンスよりは楽器に興味がありそうです。

 

エレクトーン演奏

最後は先生がエレクトーンを演奏してくれました。

みんなエレクトーンの鍵盤が見える位置に移動します。

大好きなトトロの曲が流れると、鍵盤を食い入るように見ていました。

実際に演奏をしているところを見れるというのは、先生に教わる醍醐味ですよね。
軽やかな足さばきに私自身も目を奪われてしまいました。

 

コース説明

最後に、コースの説明とお土産をもらっておしまいです。

上の子がいる方が、「幼稚園のお迎えと少しかぶるので…」という話をされていて、なるほどと思いました。

共働きの我が家。
ただでさえ時間がない中で、上の子下の子と別々に習い事をするとなると、さらに時間は取られそう…。

家族全体のスケジュールも合わせて、長期的な視点で考えなければなりません

 

帰ってからしばらくは「ドミソの先生行った!」と言ってましたが、翌日にはほとんど振り返りはありませんでした…。

レッスン後の反応を見る限り、ヤマハよりは英語(というかクラフト)の方が興味がありそうです。

とはいえ、いずれはピアノにも触れてほしいなぁーと思っているので、また時期をみて挑戦の機会を与えようと思います。

 

***

↓いつも参考にさせていただいてます。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ